グングニル

guniru1

guniru2

guniru3


ゲベアハスタⅠ【白】

生産素材:Nの塊x2
   ↓

ゲベアハスタⅡ【白】

強化素材:肉球のコイン・鉛x1
     ゴム質の皮x1
     Nの塊x1
   ↓

ゲベアハスタⅢ【白】

強化素材:肉球のコイン・鉄x1
     棘竜の上鱗x1
     Nの塊x1
   ↓

グングニル

強化素材:鳥竜種の牙x1
     呑竜の皮x1
     Nの塊x1


今でこそ龍属性ガンスはたくさんあるが当時は龍、麻痺の双属性で大変お世話になった1本。
現在でもその洗練された見た目から熱狂的なファンも多い



少々ネカフェ通いしないとダメですが・・・
それでもガンスマニアには必須の1本です!


guniru4

guniru5

guniru6

guniru7


ガンランス=重厚なイメージがあるが
このグングニルにおいては微塵たりともそんなイメージが当てはまらない
洗練されていて尚且つスタイリッシュな外観には誰もが心奪われたであろう。


そして生産時のゲベアハスタという名称は

ドイツ語でGewehr(小銃)+ラテン語でHasta(槍)の意。



グングニル( Gungnir)北欧神話の主神オーディンが持つ槍。

グングニルはドヴェルグの鍛冶、イヴァルディの息子達によって作り出されたと言われている

名前の由来は様々な説が有りますが
「貫く」と言う事を「音」として表現したと言う説が有力


一般的な槍と比べるとかなり大きく「ロングスピア」と
呼ばれる種類に入る物かと思われる
その大きさから馬に騎乗して使う事は勿論、
重量もさほど無い為「投げ槍」としても使えるという

ちなみにHasta(槍)の重量が約1.5~2.5kgと言われている
これにGewehr(小銃)が平均で4kgほどなので
だいたい5~7kgになり以前の記事での憶測も証明されたのではないだろうか


槍の穂先はドヴェルグ達が鍛え上げた鉄で出来ている
また切っ先には「ルーン文字」と言われる文字が刻まれており、
その魔力によってグングニールには貫けない物は無いという
(「ルーン文字」については現在IGCにて研究と調査が行われている)


槍の柄の部分はトネリコの木で出来ていて
この柄も非常に丈夫で、どんな方法を持ってしても
決して壊す事は出来ません。(木で出来てる気がしないがw)


砲撃面においてもこの細い槍身からは想像できないが放射の砲撃LV5という
すばらしい性能に仕上がっている。
この仕上がりに関しては武器工房の山田氏曰く、Nの塊が関係しているのは分かっているが
オレにもその成分までわかんねぇよバーローwwとのこと。
こちらも現在IGCで調査中である




また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらすともいわれている
もしどうしてもこのモンスターに勝てないっ><というときは
グングニル4人でクエに行くことをオススメする。

最後に余談であるが、グングニル装備画像で着用している防具フレイヤシリーズは
北欧神話における女神の1柱であるフレイヤ(Freja, Freyja)
美、愛、豊饒、戦い、そして魔法や死を守護する北欧神話の太母
金曜日(Friday)の由来はフレイヤからきている






  • 最終更新:2012-01-12 09:29:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード